病院で性病検査を受ける場合のメリット・デメリット

NO IMAGE

病院で性病検査を受ける場合のメリット・デメリット

性病に関しては周囲に対して相談するのはなかなか難しいです。

体の異変に心当たりがある場合でも、あまり周囲には知られたくないという人も多いでしょう。

性病の検査は、病院や保健所で受けられるほか、自宅で検査キットを用いることでも可能です。

病院で検査を受ける際のメリットは、多くの性病の判定ができる点や、治療が必要な場合は、すぐに治療が行える点です。原因がはっきりわかるので、適切な治療を行えます。

そのため、症状の悪化を防げ、回復も早められます。

また、性病は、免疫力の低下により悪化します。

免疫力の低下を防ぐためにも、自宅では健康面を意識し、生活を改善しましょう。

医療機関に頼るだけでなく、自身の免疫力を高めることにより、病気の回復を早められるのです。

しかし、病院での検査は、デメリットも存在します。

病院で検査を受ける際のデメリットは、まず、検査費用がかかります。他には、匿名で受診できない点もデメリットといえるでしょう。

匿名で受診したい場合は、検査キットでの検査をおすすめします。

保健所で性病検査を受ける場合のメリット・デメリット

保健所で性病の検査をするメリットは、原則無料という点や、匿名での検査が可能という点です。

費用をあまりかけたくない場合には、病院ではなく保健所を利用しましょう。

また、匿名で行いたい場合も対応してくれる点は大きなメリットです。

デメリットとしては、検査日が少なく、検査を受けられる病気の種類が少ない点です。

仕事や私生活で忙しい方などが行きたいと思っても、日にちが限られているため、検査を受けられないケースが多いです。

また、検査の確実性も病院には劣ります。

病院と比較し、自身の都合にあったほうを選択しましょう。

性病はなかなか自然治癒ができないため、症状が悪化する可能性が高いです。

可能な限り早急に原因をつきとめ、治療を開始しましょう。

保健所で検査結果が出て、治療が必要となれば、医療機関で治療を開始しましょう。