検査キットで性病検査を受ける場合のメリット・デメリット

NO IMAGE

検査キットで性病検査を受ける場合のメリット・デメリット

性病感染の可能性が考えられる場合、すぐに病院で検査を受けましょう。

陽性だった場合、すぐに治療を開始する必要があります。

しかし、病院で検査を受けるのに抵抗がある人もいるのではないでしょうか?

そのようなときに便利なのが検査キットです。

性病検査キットを用いると、病院に行かなくても簡単に性病かどうか調べることができるのです。

検査キットはWEB上で簡単に取り寄せられます。

検査結果はWEB上で簡単に確認できるのです。

しかし、検査結果が陽性だった場合、病院に行って治療しなければなりません。
陽性だった場合は、結局二度手間です。

はじめから病院に行って検査していたほうが、治療までの流れはスムーズと言えるでしょう。

そのため、もし性病の症状が顕著に出ている場合は、病院で検査を受けましょう。

病院であれば検査から治療まで行えるので、つらい症状を抑えられ、回復までの時間も早められます。

検査キットの精度は病院と比べて低いの?

検査キットは、手軽に性病検査ができます。

病院に行かなくても病気に感染しているかどうかがわかるので、匿名で検査したい人におすすめです。

また、検査キットの精度は、病院の検査と大差がないと言われています。

検査キットの検査機関は、厚生労働省の認可を経ているので、信用性が高いのです。

また、病院によっては外部機関に検査を依頼しているところもあります。

結局のところ、検査キットで検査するのと、病院で検査するのもそれほど変わりません。

しかし、病院によっては院内で検査を行い、即日で検査結果を出せるところもあります。

検査結果を早く知りたい場合は、あらかじめ病院に検査にかかる日数を問い合わせておくと良いでしょう。

検査結果が出るまで少し時間がかかっても良いという場合は、検査キットでの検査をおすすめします。