女性の性病検査の方法は

NO IMAGE

女性の性病検査の方法は

性行為の際は性病に感染するリスクがあります。

性行為後に何らかの症状が出た場合は、早めに検査を受けましょう。

初期ではあまり症状が出ないことも多く、知らずのうちに感染を広めてしまうこともあります。

しかし、性病が将来の妊娠や出産に影響を与える可能性があります。

性病の治療は早期開始が肝です。

性病検査は医療機関や保健所で行えるので、気になることがある場合は早めに検査を受けましょう。

性病検査では、女性の場合は血液や膣分泌液で検査が行われます。

他には、自宅で調べられる検査キットもあります。

医療機関や保健所に足を運ぶことに抵抗がある場合は、検査キットを用いましょう。

結果が陰性であれば安心です。

結果が陽性であれば、病院で治療を行いましょう。

男性の性病検査の方法は?

性病は、感染初期であれば、大きな体の変化がなく、気付かない人が多いです。
しかし、放置しているとさらに悪化します。

さらに、他の人に感染を広めてしまう可能性もあるのです。

性行為後に何らかの症状が出た場合は、早めに検査を受けましょう。

男性の場合、尿道に症状が出ることが多いので、尿検査で調べられます。

排尿時に違和感や痛みやかゆみ、不快感がある場合は早めに検査を受けましょう。

医療機関では、泌尿器科や性病科で調べられるほか、保健所でも検査を受けられます。

自宅で行う方法としては、専用の検査キットがあります。

まずは、性病検査キットで調べてから、陽性であれば病院に行く、という人も多いです。

喉に症状が出た場合は、喉の粘膜を採取して検査をする場合もあるのです。

他には、血液検査から性病の感染を調べる方法があります。

どのような症状が出ているかで、検査方法やアプローチが変わります。